検察官・警察官の捏造・冤罪・誤認逮捕・でっち上げ

検察官(検事・副検事)・警察官・裁判(裁判官)による被害をなくし、また、被害者救済に役立てるためのブログです。 そのためには、検察官(検事・副検事)・警察官・裁判(裁判官)の証拠捏造・証言捏造・でっち上げ・供述調書の偽造・冤罪事件・誤認逮捕を理解していただく必要があります。 ストーリーありきの捜査による、事実の証拠の排除、精神的に追い込まれる取り調べ、そして、虚偽の自白強要。さまざまな、悪質な事が行われています。

検察官・警察官の捏造・冤罪・誤認逮捕・でっち上げ イメージ画像

捏造事件

2017.3.28 20:55熊本県警、5人を懲戒処分 指紋違法採取し証拠偽造 熊本県警は28日、警察署の鑑識を担当する警部補らが複数の事件で、容疑者の指紋を違法に採取し証拠を偽造していたとして、50代の警部補を停職6カ月、巡査部長ら20~40代の4人を同日付で戒告の懲

不正・事件・犯罪国家・民族週刊現代日本恐怖!地方の人気アナが窃盗犯にデッチ上げられるまでの一部始終衝撃的な冤罪被害の告白週刊現代講談社毎週月曜日発売プロフィールある日突然、まったく身に覚えがないのに、警察に逮捕される。検察も裁判所も助けてくれない。ここに

《冤死の淵で》阿佐吉廣氏(山梨キャンプ場殺人事件) 母との再会を一途に願って2016年10月20日 カテゴリー 司法と冤罪, 書評・出版, 片岡健外部との交流を厳しく制限され、獄中生活の実相が世間にほとんど知られていない死刑囚たち。その中には、実際には無実の者も少な

2016年10月4日 朝刊 奥西元死刑囚の手記見つかる 死亡から1年、冤罪訴える奥西勝元死刑囚の自筆ノート 三重県名張市で一九六一年、女性五人が毒殺された名張毒ぶどう酒事件で死刑が確定し、再審請求中だった奥西勝元死刑囚が八十九歳で亡くなってから、四日で丸一年がた

2016.9.30 00:25検察が求刑放棄、無罪の公算 調書偽造の大麻事件公判 神奈川県警大船署刑事課の40代元巡査部長が大麻取締法違反事件の捜査で虚偽調書を作成した問題に絡み、同法違反罪に問われた男性被告(25)の公判が29日、横浜地裁で開かれた。検察側は求刑を放棄

↑このページのトップヘ