冲方丁、冤罪DVでの留置場生活を語る 「飼育されている気分になりました」 この世に「永遠」は存在しない以上、冷めない愛というものもなく、どこの夫婦も倦怠期を迎えるもの。とはいえ、男女のすれ違いが、身に覚えのない「冤罪DV」となって降りかかってきたら堪(たま)