【社説】大阪再審無罪 科学の力を重視して 大阪の女児焼死事件で二人の被告が再審無罪となったのは、科学の力によるところが大きい。弁護側の再現実験が真実を導いた。虚偽の「自白」を強いた捜査のあり方を問い直すべきである。 一九九五年に起きた住宅火災によって風呂