警察官ネコババ事件警察官ネコババ事件(けいさつかんネコババじけん)とは、1988年に日本の大阪府堺南警察署(現在の西堺警察署)槙塚台派出所(現在の南堺警察署槙塚台交番)[1]の巡査が拾得物の現金15万円を着服(ネコババ)した事件である。堺南署は、身内の不祥事を隠蔽