熊本県警、5人を懲戒処分 指紋違法採取し証拠偽造

 熊本県警は28日、警察署の鑑識を担当する警部補らが複数の事件で、容疑者の指紋を違法に採取し証拠を偽造していたとして、50代の警部補を停職6カ月、巡査部長ら20~40代の4人を同日付で戒告の懲戒処分にしたと発表した。

 県警は発覚時、各事件の立証には使われなかったと説明していた。

 県警によると警部補らは、スキャンして指紋を読み取る機器を取り調べで使った際、読み取り部分に付着した容疑者の指紋を採取し、現場に残っていた証拠と偽っていた。

【産経ニュース】より

http://www.sankei.com/affairs/news/170328/afr1703280046-n1.html
検察・警察による犯罪被害撲滅のため本ブログを作成しました。
検察・警察による組織犯罪を世間に認知してもらうためにランキングのクリックにご協力ください。

事件・事故ニュース ブログランキングへ 
にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村


こいつらは、本当にキチガイである。
犯人を「でっち上げる」事が、仕事だと思っているのだろう!
これは犯罪ではないのか?なんで停職6か月で済むのだ!

                  ↓ Twitter・Facebookでの拡散お願いします。