検察官・警察官の捏造・冤罪・誤認逮捕・でっち上げ

検察官(検事・副検事)・警察官・裁判(裁判官)による被害をなくし、また、被害者救済に役立てるためのブログです。 そのためには、検察官(検事・副検事)・警察官・裁判(裁判官)の証拠捏造・証言捏造・でっち上げ・供述調書の偽造・冤罪事件・誤認逮捕を理解していただく必要があります。 ストーリーありきの捜査による、事実の証拠の排除、精神的に追い込まれる取り調べ、そして、虚偽の自白強要。さまざまな、悪質な事が行われています。

検察官・警察官の捏造・冤罪・誤認逮捕・でっち上げ イメージ画像

2016年09月

録画の証拠採用危うい 取り調べ可視化、京都でシンポ取り調べの様子を再現し、カメラの位置によってどういう映像が撮影されるか説明する周防監督(右から3人目)=京都市伏見区・龍谷大 取り調べの録画映像を裁判の証拠に採用する危険性を訴えるシンポジウム「取り調べの

滋賀・守山署が中3男子誤認逮捕被害届うそ 滋賀県警守山署が、ミニバイクの窃盗容疑で守山市の中学3年の男子生徒(14)を1日に誤認逮捕し、同日中に釈放していたことが2日、分かった。盗んだとされたバイクは、実際は知人のアルバイト店員の女性(17)=守山市=か

2016.9.21 17:54「スーパーで窃盗」誤認逮捕で県に賠償命令 「捜査不十分」と岡山地裁 窃盗容疑で岡山県警に誤認逮捕された同県津山市の70代男性が不当な拘束で精神的苦痛を受けたなどとして、国と県に計約275万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、岡山地裁は21日、

準強制わいせつで医師を起訴~広範な証拠開示が必要江川紹子  | ジャーナリスト2016年9月18日 9時28分配信乳腺専門医が、手術後に麻酔の影響で体が動かない30代の女性患者に対してわいせつな行為をしたとして、警視庁千住署に逮捕された事件。東京地検は関根進医師を準強

犯罪について〈書く〉ことの留意点園田寿  | 甲南大学法科大学院教授、弁護士2016年9月16日 22時22分配信(写真:アフロ)心理学の本によく紹介されている〈ルビンの壺〉と呼ばれている図があります。横から見た壺のように見える絵ですが、何かの拍子に向き合った人間の横

↑このページのトップヘ