検察官・警察官の捏造・冤罪・誤認逮捕・でっち上げ

検察官(検事・副検事)・警察官・裁判(裁判官)による被害をなくし、また、被害者救済に役立てるためのブログです。 そのためには、検察官(検事・副検事)・警察官・裁判(裁判官)の証拠捏造・証言捏造・でっち上げ・供述調書の偽造・冤罪事件・誤認逮捕を理解していただく必要があります。 ストーリーありきの捜査による、事実の証拠の排除、精神的に追い込まれる取り調べ、そして、虚偽の自白強要。さまざまな、悪質な事が行われています。

検察官・警察官の捏造・冤罪・誤認逮捕・でっち上げ イメージ画像

2016年07月

検察誤認起訴 “イロハのイ”ができず2016年7月25日 起訴された男性二人が犯人でないことがわかり、東京地検が公訴を取り消した。写真で容疑者を特定する「面割り」に頼り、間違った。客観的証拠がないのに起訴に踏み切る検察の安易さに驚く。 「捜査のイロハのイができて

「バイト代少なくて」 元県警巡査部長のアルバイトを万引きの疑いで逮捕スーパーで総菜などを万引きしたとして、福岡県警は13日、元県警巡査部長のアルバイト住吉英二容疑者(37)=福岡市南区横手2丁目=を窃盗容疑で現行犯逮捕し、発表した。「バイトの給料が少なく

自殺2警官、上司批判のメモ 警視庁「パワハラない」2016年7月8日05時00分メール印刷昨年10月に自殺した警部補が書き置きをしたノート。端には血痕が残っていたAds by AOL Platforms 警視庁田園調布署(東京都大田区)で昨年10月と今年2月、地域課の警察官が署内で拳

歯科医院で診療報酬詐取の疑い 元警察官ら十数人逮捕へ西山良太、大部俊哉2016年6月27日06時46分続きから読む診療報酬事件の舞台となった疑いがある歯科医院。昨年10月に閉院した=大阪市浪速区(医院の名称にモザイクをかけています) 休業状態だった大阪市浪速区の歯科

↑このページのトップヘ