検察官・警察官の捏造・冤罪・誤認逮捕・でっち上げ

検察官(検事・副検事)・警察官・裁判(裁判官)による被害をなくし、また、被害者救済に役立てるためのブログです。 そのためには、検察官(検事・副検事)・警察官・裁判(裁判官)の証拠捏造・証言捏造・でっち上げ・供述調書の偽造・冤罪事件・誤認逮捕を理解していただく必要があります。 ストーリーありきの捜査による、事実の証拠の排除、精神的に追い込まれる取り調べ、そして、虚偽の自白強要。さまざまな、悪質な事が行われています。

検察官・警察官の捏造・冤罪・誤認逮捕・でっち上げ イメージ画像

2016年03月

奈良県警前署長を聴取、窃盗容疑スーパーで客の財布を置引2016/3/31 14:33 スーパーマーケットで客の財布を置引したとして、奈良県警が窃盗容疑で同県警生駒署の前署長から事情を聴いていることが31日、捜査関係者への取材で分かった。 県警は同日、前署長を減給6カ月の懲

紅林麻雄静岡県警察部浜松署巡査部長時代の紅林(1942年1月)紅林 麻雄(くればやし あさお、1908年 - 1963年9月)は、日本の警察官。静岡県警察部から国家地方警察静岡県本部を経て静岡県警察に属した。最終階級は警部。担当した事件で多くの冤罪を作ったことで知られる。

北海道庁爆破事件 再審認めるかどうか きょう決定3月28日 8時18分昭和51年に札幌市で時限爆弾が爆発し2人が死亡、95人が重軽傷を負った、いわゆる「北海道庁爆破事件」で、大森勝久死刑囚の再審=裁判のやり直しを認めるかどうか、札幌地方裁判所が28日に決定を出しま

鹿児島 母親殺害の疑い 捜査せず7年間放置3月28日 5時00分動画を再生する8年前、鹿児島市で無理心中しようと母親を殺害した疑いがある60代の息子について、警察が捜査をせずに去年まで7年間、事件を放置していたことが警察関係者への取材で分かりました。警察は捜査を再

失われた半世紀、妄想の世界に生きる 袴田巌さんのいま写真・文 時津剛2016年3月26日13時34分紙面にプラス【動画】釈放から2年を迎える袴田巌さん。黙々と街を歩き続ける日々を過ごす=時津剛撮影袴田巌さん。事件当時30歳だった青年は10日、80歳になった=浜松市[P

↑このページのトップヘ