検察官・警察官の捏造・冤罪・誤認逮捕・でっち上げ

検察官(検事・副検事)・警察官・裁判(裁判官)による被害をなくし、また、被害者救済に役立てるためのブログです。 そのためには、検察官(検事・副検事)・警察官・裁判(裁判官)の証拠捏造・証言捏造・でっち上げ・供述調書の偽造・冤罪事件・誤認逮捕を理解していただく必要があります。 ストーリーありきの捜査による、事実の証拠の排除、精神的に追い込まれる取り調べ、そして、虚偽の自白強要。さまざまな、悪質な事が行われています。

検察官・警察官の捏造・冤罪・誤認逮捕・でっち上げ イメージ画像

2015年11月

反則金伴わない違反切符捏造、発覚遅らす狙いか2015年11月30日 06時31分 交通違反の点数切符を捏造ねつぞうしたとして、北海道警森署地域課巡査長の斉藤正樹容疑者(28)が虚偽有印公文書作成・同行使容疑で逮捕された事件で、斉藤容疑者は4月以降、シートベルト装着義務

警官誘導で虚偽自白の疑い…高裁が実刑判決破棄2015年11月24日 18時24分 偽造クレジットカードを使用したとして詐欺罪などに問われ、1審・東京地裁で実刑判決を受けた被告の控訴審で、東京高裁は24日、「被告は捜査段階で警察官に利益誘導されて虚偽の自白をした疑いがあ

検察、裁判証言を指示か 宮城3人殺傷、密室で「予行練習」2013年1月5日「宮城県石巻市で2010年、3人を殺傷したとして死刑判決を受けた元少年(22)の裁判員裁判で、検事が証言内容を指示した疑いが浮かんだ。事前に証人となる共犯者に、「(元少年の)犯行は計画的

カメラ映像見て証言は「不当」…裁判長指摘2015年11月14日 13時01分 強盗致傷罪などに問われた被告の男(27)の裁判員裁判の判決が13日、東京地裁であり、島田一裁判長は、検察官との事前打ち合わせで防犯カメラの映像を見てから証人尋問に臨んだ被害男性の証言について

2015.11.28 07:00幹部証言の不自然さ…高裁「なぜ」説明せず 菊地直子元信者の裁判で最大の焦点となったのは、菊地元信者に「テロ行為を手助けする認識」があったかどうかだ。こうした認識を裏付ける直接証拠はなく、検察側は状況証拠や証言の積み上げによる立証を狙った。

↑このページのトップヘ