検察官・警察官の捏造・冤罪・誤認逮捕・でっち上げ

検察官(検事・副検事)・警察官・裁判(裁判官)による被害をなくし、また、被害者救済に役立てるためのブログです。 そのためには、検察官(検事・副検事)・警察官・裁判(裁判官)の証拠捏造・証言捏造・でっち上げ・供述調書の偽造・冤罪事件・誤認逮捕を理解していただく必要があります。 ストーリーありきの捜査による、事実の証拠の排除、精神的に追い込まれる取り調べ、そして、虚偽の自白強要。さまざまな、悪質な事が行われています。

検察官・警察官の捏造・冤罪・誤認逮捕・でっち上げ イメージ画像

不祥事 / 交際女性殺害の元警官、酌量求める 大阪地裁で初公判

交際女性殺害の元警官、酌量求める 大阪地裁で初公判

阿部峻介 西山良太

2015年9月29日12時37分

 大阪府警の現職警察官が今年1月、交際相手の女性(当時23)を殺害したとされる事件の裁判員裁判が29日、大阪地裁で始まった。殺人罪に問われた元巡査長の水内貴士(みずうちたかし)被告(27)=懲戒免職=は「間違いありません」と起訴内容を認めた。検察側は、別の女性と結婚したことを隠して被害女性と交際を続け、口封じのため殺害に及んだと主張した。

 検察の冒頭陳述によると、水内被告は2013年に震災の復興支援で宮城県警に派遣され、複数の女性と関係を持つかたわら、東北福祉大仙台市)に通う白田光(しらたひかる)さんとイベントで出会って交際を始めた。昨年4月に大阪府警阿倍野署地域課に復帰した後、8月に別の女性と結婚。社会福祉士となり、大阪市内の病院に就職した白田さんに黙ったまま交際を続けた。

 被告は今年1月、白田さんがネットの交流サイト結婚式の写真を見つけたと知り、勤務先や妻への発覚を恐れて殺害を決意したと検察側は主張。非番の同24日午前8時ごろ、白田さんが住む大阪市東住吉区のマンションに合鍵で入り、持参した革のベルトで首を絞めて殺害した、と述べた。

 さらに、被告は鑑識捜査に使う手袋や足カバーも持っており、殺害後は証拠隠滅のため白田さんの携帯電話を電子レンジで溶かしたと指摘。「殺害もあり得ると考えて会いに行った」と計画性を強調した。

 一方、弁護側は「決して許されない行為」としたうえで、白田さんから「社会的制裁を受けてもらう」と言われて自分を見失い、殺害に至った「突発的な犯行」と反論。「浅はかさを反省し、後悔している」と情状酌量を求めた。

 裁判は、被告人質問が30日にあり、当初その日の予定だった被害者遺族の意見陳述は10月1日に変更された。判決は6日の予定。(阿部峻介)

■父「純粋な娘をなぜ殺した」

 水内被告は頭を丸め、黒のスーツ姿で法廷へ。白田光さんの父・弘之さん(56)、長姉の美優紀(みゆき)さん(29)、次姉の愛(めぐみ)さん(28)が座る検察官背後の席に小さく頭を下げた。

 起訴状の朗読後、裁判長から認否を問われると、被告は少し間を置いて「……いえ、間違いありません」。前を見据え、まっすぐ背筋を伸ばしていたが、謝罪の言葉はなかった。

 弘之さんは被告に厳しい視線を注ぎ、姉2人もじっと見つめた。「優しく純粋な娘を、なぜ理不尽にも殺したのか」。弘之さんは被告人質問で問うつもりだ。(西山良太)



朝日新聞デジタル】より
 http://digital.asahi.com/articles/ASH9T05ZDH9SPTIL02L.html

コメント

コメント一覧

    • とまの
    • 2017年04月17日 21:08
    • まさに八つ裂きにしていいわけだよ。

      日本の司法は来るって信用できないから仇討を復活すべきだな。

      警察も検察も裁判所もまったく信用できず、それどころか関係者を全員機械を使って取り調べるべきだ。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

↑このページのトップヘ