2016.9.30 00:25

検察が求刑放棄、無罪の公算 調書偽造の大麻事件公判

 神奈川県警大船署刑事課の40代元巡査部長が大麻取締法違反事件の捜査で虚偽調書を作成した問題に絡み、同法違反罪に問われた男性被告(25)の公判が29日、横浜地裁で開かれた。検察側は求刑を放棄する意向を示したが、横浜地裁は公判手続きにミスがあったとして、論告求刑を次回期日に再度実施するよう横浜地検に伝えた。

 地検が明らかにした。地検は再び求刑を放棄する見通しで、無罪となる公算が大きい。

 地検によると、弁護側は29日までに押収された証拠の排除を請求する書面を地裁に提出していたが、国井恒志裁判官が判断を示さないまま検察、弁護側双方に量刑についての意見を求めるミスがあった。

 検察側は「しかるべく」と述べて求刑を放棄する意向を示し地裁に判断を委ねた。弁護側は無罪を求めた。次回期日は10月27日で正式に結審する見通し。

【産経ニュース】より
http://www.sankei.com/affairs/news/160929/afr1609290019-n1.html
検察・警察による犯罪被害撲滅のため本ブログを作成しました。
検察・警察による組織犯罪を世間に認知してもらうためにランキングのクリックにご協力ください。

事件・事故ニュース ブログランキングへ 
にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村


神奈川県警大船署刑事課の40代元巡査部長が大麻取締法違反事件の捜査で虚偽調書を作成した問題に絡み、
どうして警察は捏造やでっち上げを平気で行うのだろう?
罪を犯していない人を犯罪者にしてまで成績を上げたいのか?
組織の風土が出来上がってしまっている。
誰か改革を・・・

 検察側は「しかるべく」と述べて求刑を放棄する意向を示し地裁に判断を委ねた。弁護側は無罪を求めた。
無罪の人間がどれだけ拘留されていたのだろう?
仕事にも影響がでるし、家庭は崩壊しているか?

                  ↓ Twitter・Facebookでの拡散お願いします。