検察官・警察官の捏造・冤罪・誤認逮捕・でっち上げ

検察官(検事・副検事)・警察官・裁判(裁判官)による被害をなくし、また、被害者救済に役立てるためのブログです。 そのためには、検察官(検事・副検事)・警察官・裁判(裁判官)の証拠捏造・証言捏造・でっち上げ・供述調書の偽造・冤罪事件・誤認逮捕を理解していただく必要があります。 ストーリーありきの捜査による、事実の証拠の排除、精神的に追い込まれる取り調べ、そして、虚偽の自白強要。さまざまな、悪質な事が行われています。

検察官・警察官の捏造・冤罪・誤認逮捕・でっち上げ イメージ画像

更新情報

大阪地検特捜部主任検事証拠改ざん事件大阪地検特捜部主任検事証拠改ざん事件(おおさかちけんとくそうぶしゅにんけんじしょうこかいざんじけん)とは、2010年(平成22年)9月21日に、大阪地方検察庁特別捜査部所属で、障害者郵便制度悪用事件担当主任検事であった前田恒彦が

検察庁ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「検察庁」の項目を執筆しています。第69回 (2010年)エクストリーム・謝罪優勝プレイヤーノーベル賞受賞者受賞年 :2010年受賞部門 :ノーベル文学賞受賞理由 :長編小説「供述調書」が最高の出来だ

あなたの隣にいる「普通の人」が悪魔に変わる「ルシファー・エフェクト」から分かること次ページ »仲野 徹 :HONZ2015年09月19日この著者の記事コメント6メールでシェア印刷AAあなたの隣の普通の人だって悪人になる(写真:Graphs / PIXTA)「あなたも悪魔になってしまう可能性

前田元検事、証拠開示・可視化訴える2014年6月 2日 大阪地検特捜部元検事で、郵便不正事件の押収証拠を改ざんして証拠隠滅罪で懲役1年6月の実刑判決を受け服役した前田恒彦元検事(46)が5月31日、京都弁護士会(松枝尚哉会長)主催の全面証拠開示・全面可視化を求めるシ

↑このページのトップヘ